角川映画、KADOKAWAアニメが低評価な理由は何故?「大衆文学と未来のメディア」

角川映画、KADOKAWAアニメが低評価な理由は何故?「大衆文学と未来のメディア」

メディアの重鎮「角川書店」の今?

 角川映画、角川アニメがつまらないと思ったことは無いでしょうか?

「原作への情熱が全く感じられない」「ただ、金儲けをしたいだけだ」などという辛辣な意見から「とりあえず作っとけで品質管理をサボっている」という戒めの言葉などもチラホラ耳にします。しかし、その実は一体どうなのでしょう? もし、本当に面白く無いのだとしたら、その原因となっている事柄は一体何なのでしょうか?

 このサイトではそんな角川文庫により一時代を築いたコンテンツ界の重鎮――角川書店に焦点を当てて、良いところと悪いところを忌憚なく解説し、またこれからのコンテンツの世界についてビジネス面とクリエイター面と二つの視点から眺めて詳しく解説していきたいと思います。

角川書店の歴史

 株式会社KADOKAWAは角川書店を主要母体とする角川グループの統括持株会社で、2003年より株式会社角川ホールディングスへ社名変更し、さらに、2013年に現在の名称となりました。まずはその株式会社KADOKAWAの主に角川書店での歴史をメインにして紐解いていきます。

略歴

 角川書店の起こりは、その初代である国文学者の角川源義により1945年に創業されたことによります。創業当初は国文学関連本に強みを持つ出版社だったのですが、1970年代からは文芸路線から、一般大衆向けの文庫作品に路線変更し成功を収めました。特に当時は、横溝正史がその火付け役となっていました。角川春樹が社長に就任した翌年の1976年には、本を映画化しテレビコマーシャルを利用して大々的に販売するメディアミックス戦略を成功させ、日本映画界に角川映画旋風を巻き起こしました。

1980年代からは『ザテレビジョン』や『東京ウォーカー』等の情報誌、ゲームソフト制作等も行うようになり、80年代後半には漫画雑誌やゲーム雑誌を多数創刊。1988年には角川スニーカー文庫を創刊し、後には関連企業(アスキー・メディアワークス、富士見書房)も含めて、ライトノベル市場の国内最大手となってました。

2003年4月1日に持株企業に移行し、角川ホールディングスに社名変更して純粋持株企業となる一方、事業企業として新規に株式企業角川書店を設置します。2006年に株式企業角川グループホールディングスへ商号変更したが、2013年4月1日に角川グループパブリッシングを吸収合併して事業持株企業化し、同年6月23日に株式企業KADOKAWAへ商号変更。同年10月1日付で角川書店(3代目)他のグループ企業を吸収合併しました。

お家騒動の問題

1992年に、当時の社長と、その実弟との間で路線対立があり、お家騒動へと発展してしまいました。そのご弟の角川歴彦は、角川春樹の元を離れ、株式会社メディアワークスを設立し、角川メディアオフィスの従業員と共に移籍するという事態が発生し、その後、春樹がコカインを密輸したなどの容疑で逮捕されると、歴彦がメディアワークスと角川書店の社長を兼務し、最終的にはメディアワークスを子会社化することで決着が付きました。

角川歴彦の代からの角川

 彼がトップに立ってから角川商法も、徐々に違うものへと変容していっています。これまでの角川春樹の時代は原作を元にしたメディアミックスという形で進んでいましたが、歴彦の代になってからは世界観を元に据えたメディアミックスが多くなってきています。いわゆるTRPG的な再生成可能な物語生成器を沢山手に入れて、それをメディアミックスという輪転機にかけてお札を刷り続けるようなものですね。しかし、そう言った作品作りではない部分、いわゆるメディア作りに関しては飛び抜けたところがあり、特にその実力派雑誌作りにおいて強大な力を発揮していたそうです。特に現状などを調べてみるとわかるのが、一人で突っ走っていく会長に対して前時代的な考えでついていけない社員たちという構図がどうやら出来てしまっているらしく、もう少し頭を柔らかくして良いプラットフォームや、いい作品作りにつなげていただきたいと思いました。